WORKS

印象・海

海を望む立地にある建物のインテリアデザイン。

快適な居住性と、その地の風土や気候の要素を素材、色彩、形状よって表現すること

それによって唯一無二のラグジュアリーを求めた。

sumoto_021.jpg
sumoto_022.jpg

玄関ドアは栃の一枚板を漆で拭いたもの。外壁に多用された石材に負けない存在感があり、この先の年月の中でますます味わいを深めていく。

sumoto_023.jpg

玄関ホール正面に土地の土で左官した壁は、風に大きくうねる波をモティーフとしている。

ダイナミックな流れが空間を動かし、それ自体がアートとなっている。左官は久住有生氏の手によるもの。和の素味をモダンに仕立てた、出迎えのための場。

石 木 鉄 砂。 選び抜いた素材のハーモニーが その空気感を奏でている。

sumoto_024.jpg
sumoto_026.jpg
sumoto_068.jpg

片側には青海波のもティーフを、板壁側にはフォトアートを飾りギャラリーの様に。

写真は近隣の風景を撮り下ろしたオリジナル作品。撮影 日出真司氏

床のタイルの太目地には洗い出し。

sumoto_070.jpg
umi
sumoto_048.jpg
sumoto_050.jpg

外の石壁を貫通させて 木、和紙とのコントラストが妙味を生んでいる。

sumoto_052.jpg
sumoto_054.jpg

正面 床の間壁は墨染め和紙の重ね貼り。和紙、漆塗りの框、飾り板は木曽アルテック製作。

sumoto_055.jpg
sumoto_056.jpg

青ガラスのオブジェと写真を和紙に定着したオリジナルの掛け軸で、海を題にした取り合わせとしている。

sumoto_071.jpg

ヘッドボード側に屏風仕立ての造作、折り上げ天井には組子細工、壁面には漆和紙貼りの可動パーティション。

海外のゲストを迎える部屋では、日本伝統工芸の要素を取り入れた室礼としている。

sumoto_072.jpg
sumoto_073.jpg
sumoto_074.jpg

インテリアデザイン    小野意匠計画 小野由記子

アートワーク       小野意匠計画

インテリアコーディネート 小野意匠計画

インテリア設計      SCORE 原井純子

和室設計         和田基示アトリエ一級建築士事務所

撮影           ナカサアンドパートナーズ  仲佐猛

2019

index